【家電の電気使用量ランキング】電気量を知って環境も家計も改善しよう!




 

 

電気代は、ほとんどのご家庭で年間で5万円以上を使っています。

「意外に多いなっ!」って思う方もいるかもしれません。

 

一方で電気の使用量は使う製品・機器によって大きく変わります。

 

電気量を多くしてしまう機器を知って、環境的にも家計的に改善していきましょう!

 

電気代を抑えたいなら、「照明」「エアコン」に注意すべし!

最初にクリティカルなポイントからご紹介します。

 

実は、照明機器とエアコンの2つだけで電気量全体の30%を占めています。

 

例えば、照明やエアコンの使用量を半分にするだけで、電気代は15%もカットすることができるのです。

 

割合の多いところからせめていくことで効率良く電気代を節約でき、電気量を減らすことができるのでエネルギーの浪費も減らすことができます。

 

「照明」「エアコン」の使用について少し気を使ってみると家計・環境的に効果的です。

 

家電別電気使用量ランキング

 

2014年度の家庭における電気使用量の機器ごとの割合は次のようになります。

 

【使用量ランキング】

1位:照明器具

2位:冷蔵庫

3位:エアコン

4位:テレビ

5位:温水洗浄便座

6位:衣類乾燥機

7位:食器洗浄機

 

ドライヤーや電子レンジは消費電力が大きく、よくブレーカーが落ちる原因になりますが、

電気の使用量は消費電力×時間で決まります。

 

そのため、1日を通して長く使用する家電等が上位に入ります。

 

中でも、照明、冷蔵庫、そしてエアコンで全体の48.7%を占めています。

 

冷蔵庫を使わないようにするのは難しいと思うので、まずは手のつけやすい照明とエアコン、この2つの使用量を減らすことが家庭の電気使用量を削減するのに効果的なので次より省エネ対策を紹介します。

 

照明の使用量を減らす

照明の使用量を減らすことためにできることはどんなことがあるでしょうか??

もちろん、自分で電気を消すように心がけて頑張ることがあげられます。

 

家を出るときは電気を消す。

使用していない部屋の電気を消す。

明るい時間はカーテンを開けて、日の明かりで過ごす。

 

こうした1つ1つの積み重ねが電気量の削減に繋がります。

 

 

しかし、節約家の人はすでに取り組まれているかもしれませんし、毎回毎回照明のことを考えるのは、それだけで疲れてしまうかもしれません。。。

 

 

 

 

私は面倒くさがり屋なので、こんなことがあります。

 

ベットで横になり、照明をチラリ👀

 

 

 

あっちゃん
電気、消さなアカンな〜

 

 

 

 

あっちゃん
電気、消さなアカンな〜

 

 

 

 

 

 

あっちゃん
Zzzzzzz

 

 

 

 

こんな風にどうしても面倒くさくて、動けないようなときがあるのが人間(わたし)です。

 

こんな時、自動で電源を消してくれる製品があったら良いな、と思って探してみると、人感センサー付きの照明が売っているのですね!

自動で電気を消してくれてお財布にも環境にも優しいので良かったらご検討ください

 

 

自動で電気を消してくれる人感センサー付きです。

どうしても動けないときでも自動で電気を消してくれる良いヤツです。

電気代のお供です。

 

取り付けは非常に簡単です。

人感センサーは照明と一体になっているので、別段工事も必要ありません。

リンクから入ると、多くの種類の人感センサー付き照明が出てくると思いますのでよかったらお試しください。

 

家計を思う人、持続可能な社会を思う人は、ぜひ1番使用している「照明」を自動化にして電気量と電気代の無駄を省いてもらえたら嬉しいです。

 

エアコンの使用量を減らす

エアコンは家庭内で第3位の電気使用量になります。

 

でも、暑さや寒さを我慢してまで電気の使用量を減らすのは結構大変ですよね。。。

 

そのことも踏まえて、今回は省エネ性の高い製品に注目してTOP3つをまとめてみました

エアコンには、様々な性能がありますが今回は省エネ率に注目して紹介します。

 

前提は次の通りです。

【前提条件】
 目標年度2010年度省エネ基準参照
・14畳サイズの機器を調査
・調査日程:2018/05/21

 

1位:HITACHI | ルームエアコン Xシリーズ

 

省エネ製品の大御所「白くまくん」。唯一省エネ基準達成率が150%を超えている名機。

タイプ:RAS-X40G2(14畳程度)

省エネ基準達成率:155 %

参考価格:123,066円

・気流をコントロールして室内を快適に!

・湿度コントロールを利用した健康冷房「涼快」!

・日立独自のステンレス・クリーンシステムで清潔長持ち!

・さらに内部のフィルター自動お掃除機能でお手入れ簡単!

 

 

2位:FUJITSU | nocria Zシリーズ

 

AS-Z40H2、AS-X56H2、AS-X63H2、AS-X71H2、AS-X80H2、AS-X90H2のイメージ

 

第2位!多機能省エネエアコン!

タイプ:AS-Z40H2W(14畳程度)

省エネ基準達成率:146 %

参考価格:276,700円

・サーチ気流で部屋全体が快適!

・カビ除去!加熱による除菌力に挑戦!

・電気集じん方式で空気清浄!「プラズマ空清」

・おまかせノクリア!一年中、毎日快適。

 

3位:SHARP | G-Xシリーズ

 

プラズマクラスター・気流コントロール・簡単お手入れ!

タイプ:AY-G40X2-W(14畳程度)

省エネ基準達成率:142 %

参考価格:195,200円

・湿度を監視!プラズマクラスターでカビ発生を抑制!

プラズマクラスターイオンでお部屋の空気をキレイに。

・イオン効果でニオイを抑える、部屋干しモード!

・風クリーン:チアニアコートで内部を綺麗に保つ!

 

省エネはダイレクトに電気の使用量に効いてきます。

電気の使用量を減らしたい人・環境に良い生活をしたい方は「省エネ率」を1つの指標にご検討してみてください。

 

最後に

家の中で消費量が多いのは、照明、冷蔵庫、エアコン。

これだけで、全体の50%弱を占めています。

 

環境的にも、お財布的にも優しい対策を紹介させて頂きまいたが他にも多くの手段はあります。

 

身の回りの電気をみてみて、少しずつ意識してもらえたら嬉しいです。

関連キーワード
  • 【温暖化】カリフォルニア州デル・マー市 | 海面上昇の影響で沿岸部住民の計画的な転居検討開始
  • 【1エーカーの夢】食料自給自足を実践するための現実的な暮らし方
  • 【家電消費電力一覧】どれくらい使うの?太陽電池パネルとの関係を大紹介!
  • RE100とは?未来に投資する企業が取り組む再生可能エネルギー
  • 【家電の電気使用量ランキング】電気量を知って環境も家計も改善しよう!
  • 【おすすめ紹介!】再エネ貢献&電気量使用のバラつきが多い人は基本料0円の『ソフトバンクでんき』で決まり!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

すてきだ!JAPANを応援しよう!

おすすめの記事