電力自由化とは?これを機に再生可能エネルギーにシフトしよう!




 

エネルギー関連でもっとも一般家庭に関係のあることは電気のことです。

2016年に「電力自由化」によって電力供給の在り方は大きく変わりました。

電力の自由化って何が変わったんだろう??

こんな風に感じている方もいると思います。

 

電力の自由化によって大きく変わったことは「あなたがどの電気(何から作られた電気)を使うかを選ぶ権利を得た」ということ。

 

再エネの装置を家庭に導入するのは少しハードルが高い、という方でも手軽にサステナブルな社会に貢献できる方法でもあります。

これを機に再生可能エネルギーに乗り換えてみるのはどうでしょうか。

 

今日は電力自由化とそのメリットについて紹介をします。

 

電力自由化:今までは電気を選ぶ権利がなかった

最近耳にする電力自由化とは2016年4月にスタートした新しい電力供給の制度変化時に言われるようになったことです。

電力自由化について紹介します。

電気ってどうやって運ばれてるの?

はじめに、電気がおうちに届くまでの流れを紹介します。

電気がおうちに届くまでは大きく3つのステップがあります。

  1. 発電:電気を作る
  2. 送電:電気を送る
  3. 小売:電気を売る

 

この3つのステップごとの部門があり、

・電気をつくる部門は、作った電気を送電会社に売る。

・送電会社は小売会社に電気を売る。

・小売会社は各家庭に電気を売る。

こんな流れでおうちまで電気が届いていました。

電力販売の歴史

電気が売られるまでの3つのステップに関して、歴史的な大きな変更として過去に数度の制度変化が起きています。最近耳にする電力自由化というのは3つ目の「小売」の自由化によるものです。

制度変化の大きなポイントを紹介します。

 

ほぼ独裁だった昔

色のついている流れのみ電力の供給が許されていました。

基本的はずべての電気は規制のもとに管理された従来からある電力会社の独占状態でした。

供給される電気料金は決められた料金・供給会社からしか買えませんでした。

1995年「発電」の自由化

あっちゃん5歳の頃。

電力業界に1度目の大きな変化がありました。

それより前は全ての電力供給が完全独裁状態でしたがこの制度変化をきっかけに「どの会社も発電をして良いですよ」と変更になりました。

これにより、今では当たり前の「太陽光発電」などを個人が売ることができるようになったのです。

 

1999年「1部小売」の自由化

あっちゃん9歳の頃。

独自の小売の1部が許可され、大規模のユーザーの人たちは自由に「どこの電力会社から電気を買うか」を選べるようになりました。

また、この制度改革に伴い、一部の小売部門が大規模ユーザーに対して小売をして良いことが認められました。

しかしながら、ビルや一般家庭などは電気購入先を選ぶ権利はまだありませんでした。

 

2003年「1部小売」の自由化

あっちゃん中学生の頃。

中規模のユーザーの人たちも自由に「どこの電力会社から電気を買うか」を選べるようになりました。

しかしこの時でもなお、一般の家庭はまだ選択の権利はありませんでした。

 

2016年 完全自由化

あっちゃんがおじさんになった時。

電力を小売する会社も制約がなくなり、どの企業も電気を売ることができるようになりました。

これにより、電力をつくる・売るの2点においては完全に自由化されていて本格的に電力が「市場の競争世界」に入りこみ、私たちはどの会社からでも電気を買うことができるようになったのです。

電力選択の自由の権利を得たのです。

 

好きな会社から自分の好きな料金コースで電気を買うことができるようになりました。

 

電力自由化といえど、、、

2016年の制度改革では、日本に住む電気使用者の全員が電気の購入先を選べるようになったので大きなニュースになりました。

購入する大衆への影響がとても大きいのでそれだけ多くの関心をよせたのです。

一方で供給サイドの視点からみると、一点まだやりにくい点が残っています。

それは「電気の送電部門」です。

現在でも送電部門は国から認可を受けた送電網でないと電気を社会に流していけない状態です。

さらには、「電気をつくる会社」と「送電する会社」は別会社にしなければいけないという法律も新しく作られました。

グリッドなどで電気を賄うことを構想する上においては法律としてどのように対応しなければならないか。

2020年に送配電部門の分離に関する制度が始まるため、エネルギーのマネジメントを構想する人たちには注意が必要になります。

電力自由化によるわたし達へのメリット

電気の地産地消が可能に

自分たちの住んでいる近所の発電屋さんが自分たちの住んでる土地の自然エネルギーから作りだした電気を購入、使用することができるようになります。

昔までのある一ヶ所に集中していた大規模発電に頼らず、エネルギーを地元で産んで、地元で消費する地産地消が可能になるのです。

食料では地産地消の考えが広く知れ渡っています。

他国に依存し、低価格で食料を普及できるようになったおかげで現在の食料問題の低減につなっがていることであるのは確かです。

一方、技術や人の考え方は次のステップに向かい、地産地消における自給自足のシステムに目を向ける流れがあります。

問題は日本の食料自給自足率の低さです。

農林水産省のデータによると平成28年の食料自給率は38%。

外交に問題を喫した場合の最悪のケースでは、約6割の人々食料に辿りつくことのできない可能性を秘めているのです。

 

ではエネルギーではどうでしょうか?

 

2012年
日本のエネルギー自給率
6.0%

 

上の数字はIEA(国際エネルギー機関)が発表している日本のエネルギー自給率です(Energy Balance of OECD Countries 2013)。

2010年 19.9%(29位) 2011年 11.2%(33位) 2012年6.0%(33位)この図表は原子力の自給率の減少によることを示してる。

2000年代のはじめ、日本のエネルギー自給の多くを占めていたのは原子力発電であり2010年におけるエネルギー自給率は19.9%。

しかし、2011年の東日本大震災の後、原子力発電の稼働が控えられたため、その多くは火力発電からまかなわれました。

火力発電の原料となる石炭原油の国内自給率は約1%程度です。

日本では、火力発電に使用される原料はほとんど得ることができず、多くを輸入に頼っています。

電力の自由化に伴う「電力源を選択する権利」は、私たち自身が、どのようにエネルギー自給率を変えていくのか、一人一人が選択の権利を得たのと同様です。

自給自足への必要性を感じる人は、日本にも豊富にある資源、「自然の力」を利用することに自給率、地産地消への割合を高めていくことができます。

 

生産源にこだわれる

ご飯、野菜などの食べもの、文房具や家で使うちょっとしたもの。

素材の良さはもちろんのこと、生産者の顔が見えることや生産の背景、思いをもとに購入を希望する人もいると思います。

電力の自由化により、選ぶ権利を得たわたし達に与えられた良い点の1つは、生産者や生産源に注目した電気の購入ができるようになることです。

ご自身の考えに合わせて自由に電気会社を選ぶことができます。

 

電力料金を自分の好きなコースから選べる

従来までは一律の料金でしたが、2016年以降は各電気会社が独自で設定する電気料金に合わせて自分で選ぶことができるようになりました。

感覚としては携帯電話を選ぶのと同じような感じです。

どの会社で、どの基本料金、どのオプションをつけるかなどカスタマイズ性が飛躍的にあがりました。

昼に電気を多く使う人は昼の基本料金が安いコース。

夜に電気を多く使う人は夜の基本料金が安いコース。

選択の幅が大きく増えました。

 

電力自由化に対する社会反応

2017年の3月末時点での全国での切り替え状況は電力広域的運営推進機関の発表より、次の通りです。

 

切り替え割合
5.48%

 

やはり従来まで、選択する権利すらなかった電力ゆえに変更の割合は大きくはありません。

日本では5.48%の割合で電力会社の変更を行っているに留まっています。

しかし、未だ自由化の幕開けから2年。

電力会社変更における実績情報も着々と知れ渡り始めているので、変更の割合は今後も伸びていくでしょう。

電力会社変更の動機

電力の自由化が実施されてから2年が経ちます。電力自由化において電力会社を選択する人も現れ始めています。

経産省では、電力会社の選択における重視する点に関するアンケート調査結果を公表しています。

 

このうち、再生可能エネルギーの使用量の多さを1番に注目して電力会社を変更する人は4%程度

トップは生活にダイレクトに関連のある電気代コストです。

料金安さを狙いとして電気会社の選択しているのが現状です。

 

わたしたちにできること:再エネ電力使用をしている会社を選ぼう!

 

電気を選ぶ権利を得た今
君たちはどう生きるか

 

人権にも通じます。

自由を得た現在、どのように生きるかを見つめ、選択でき、自分の道を実現可能な社会です。

これを機に、再エネ電気を使ってみても悪くはないのでしょうか。

 

エネルギーに関しては、問題点は目に見えません。

 

火力発電の石油、石炭、天然ガスが

どこで採掘されて

何で運ばれ

どこでどのように電気に変えられ

どのように一般家庭に運ばれているのか。

ほとんど不明だと思います。

 

一方、電気を使う側の人は、そんなことはどうでも良いのかもしれません。

 

けど、その裏側に潜む現状の問題、さらに将来的に訪れる問題に対してもどうでも良いのでしょうか?

 

きっとそんなことはないと信じます。

 

権利を得た今、私たち自身が問題に対する向き合い方を1人1人の考えに委ねられています。

 

目に見えない問題。

 

こうした問題に対しても感じることのできる人、感じるキッカケを得た人は、頭のほんの隅っこで、本当にすこーしでも良いので、

考えてもらえたら嬉しいです。

 

電力会社の変更は電話番号を押してピッポッパ。

 

変更契約にかかる時間は30分程度。

現在の電気会社の解約は、新規の会社が代わりにしてくれるので面倒な手続きはほとんどありません。

その後は何もしなくても4日から2週間後には、新しい電力会社から電気を供給してもらうことができます。

 

今後、再エネからの電気供給を行っている会社もまとめていきますので、そちらを参考に変更を検討してもらえたら幸いです。

 

最後に

 

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。

 

沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。
おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。
たけき者も遂にはほろびぬ、
ひとへに風の前の塵に同じ。

 

遠くの異朝をとぶらへば、
秦の趙高、漢の王莽、梁の朱忌、唐の禄山、
これらは皆、旧主先皇の政にも従はず、
楽しみを極め、諫めをも思ひ入れず、
天下の乱れんことを悟らずして、
民間の愁ふるところを知らざつしかば、
久しからずして、亡じにし者どもなり。

 

近く本朝をうかがふに、
承平の将門、天慶の純友、康和の義親、平治の信頼、
これらはおごれる心もたけきことも、
皆とりどりにこそありしかども、
間近くは六波羅の入道前太政大臣平朝臣清盛公と
申しし人のありさま、

 

伝え承るこそ、心も詞も及ばれね。

 

 

今どき、古いかもしれません。

しかし、今の栄華?にあぐらをかいていては塵に同じかもしれないと思う今日この頃。

 

天気が良い。

散歩でもしてこよーっと。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

すてきだ!JAPANを応援しよう!

おすすめの記事